フィットネス ウエア

フィットネス ウエア

フィットネス ウエア

このページは「さまざまな病気の治療に活用されている 」の情報コンテンツです。
フィットネス ウエア > さまざまな病気の治療に活用されている

豆知識

さまざまな病気の治療に活用されている

加圧トレーニングは実際に様々なリハビリの現場で活用されているようです。しかしお医者様やリハビリ療法士の指導に従って実施するようにしましょう。無理な運動を行う前に正しい指導が必要です。

心臓病の治療、リハビリに活用

 心臓に血液を送る冠状動脈が細くなったり詰まったりすると、心臓に流れる血液量が減り、狭心症や心筋梗塞を起こしてしまいます。これらの病は命に関わる病気です。加圧トレーニングは心臓の機能を向上させるのに有効であると言われています。足の付け根を加圧することで、一時的に下半身に血液がたまり、上半身の血液量は少なくなります。すると、脳は血液を増やすように指令を出し、心臓は心拍数を増やします。寝た状態で足の付け根を加圧するだけで、実際に体を動かさなくても、心筋を鍛えることができるのです。

また、心臓病で大きな発作を起こした場合、ベッドで長いこと安静にしておく必要があります。しかし、寝たきりの状態が続くと筋力が低下してしまいます。そのため、通常、心疾患のリハビリでは筋力トレーニングが取り入れられています。筋力をつけるためには、ある程度大きな負荷が必要ですが、病上がりにはなかなか難しいのです。そこで、小さな負荷でトレーニングが可能な加圧トレーニングに注目が集まっています。

糖尿病のリハビリに

生活習慣病として多くの方を悩ませているのが糖尿病です。糖尿病は完治が難しく、重い合併症をもたらすこわい病気です。糖尿病は、糖の分解に必要なインスリンが充分分泌されないことで、血液中の糖分が多くなってしまう病気です。生まれつきインスリンの分泌が充分でない方もいますが、多くは脂肪や糖分の取り過ぎ、運動不足などによって引き起こされます。加圧トレーニングを行うことで、成長ホルモンが大量に分泌されるので、脂肪の代謝が高まります。

それから、インスリン様成長因子という物質も分泌されるようになります。これには血糖値を下げる働きがあり、病気の改善につながります。糖尿病の治療を受けている方は、加圧トレーニングによって、効果が出すぎて、低血糖を起こす危険があるので、お医者さんと相談しながら行う必要はありますが、糖尿病の改善につながります。

フィットネス ウエア 激安通販
ExecutionTime: 91 msec / Memory: 7.6 MB