フィットネス ウエア

フィットネス ウエア

フィットネス ウエア

このページは「今注目の加圧トレーニングとは 」の情報コンテンツです。
フィットネス ウエア > 今注目の加圧トレーニングとは

豆知識

今注目の加圧トレーニングについて

近年、「加圧トレーニング」というトレーニング方法がテレビや雑誌などで取り上げられて話題となっています。一体、どのようなトレーニングなのでしょうか。

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングは、腕や足の付け根の部分を加圧ベルトで締め付けて、腕や足に流れる血液量を適度に制限した状態で行う筋力のトレーニング方法です。加圧ベルトで締め付けて腕や足に血液を貯めた状態でトレーニングを行った後に、ベルトを緩めます。そうすると、制限されていた血液が一気に流れます。加圧する前よりもずっと流れやすくなるのです。この加圧と徐圧を繰り返して血流をコントロールすることで、通常のトレーニングよりも効率のよいトレーニングを行うことができるのです。

加圧によって血行がよくなる

私たちの体を循環している血液は、ポンプの役割をしている心臓から送り出されます。血液は心臓から動脈によって全身に送られます。そして全身をめぐった血液は静脈を通って心臓へ戻っていきます。これが血液循環の基本です。加圧トレーニングは、もっとも太い動脈と静脈の両方を締め付けることができる腕の足の付け根を縛ることで、効率よく血流を制限します。

加圧して腕や足に流れる血液の量を制限すると、一時的に血液の循環が悪くなります。すると心臓は末端まで血液を送るために血流を増やします。そこで加圧ベルトを外すと、多量の血液が一気に流れ込みます。これを繰り返すことで、血行がよくなり、体のすみずみまで血液が行き渡り、その結果、細胞に運ばれる酸素の量も増えて、新陳代謝が活発になり、筋肉増強につながります。

血管年齢が若返る

血管は年齢を重ねるごとに弾力性が失われていきます。血管が硬くなると、血液がスムーズに流れなくなるため、しっかり流そうとして高血圧になります。この状態が進行すると、動脈硬化が起こり、脳梗塞や心筋梗塞などにもつながります。加圧すると、一時的に血流が滞るので、全身の血管は少しでも多くの血液を取り込もうと拡張します。ここで徐圧すると、大量の血液が流れて、血流を妨げていた老廃物も一緒に押し流されるのです。人工的に血管の拡張・収縮を繰り返すことで、血管が刺激されて血管の弾力性が増します。

フィットネス ウエア 激安通販
ExecutionTime: 93 msec / Memory: 7.6 MB