フィットネス ウエア

フィットネス ウエア

フィットネス ウエア

このページは「小さな負荷・短時間で効果が得られる加圧トレーニングとは 」の情報コンテンツです。
フィットネス ウエア > 小さな負荷・短時間で効果が得られる加圧トレーニングとは

豆知識

小さな負荷・短時間で効果が得られる加圧トレーニング

加圧トレーニングがここまで人気となったのは、その効果の大きさだけでなく、比較的楽に、短い期間でも効果が得られるためでしょう。

小さい負荷でも楽に筋力アップ

筋肉には、瞬発力を発揮するための速筋と、持久力を発揮するための遅筋の2種類あります。速筋は鍛えることで太くなりますが、遅筋は鍛えても太くはなりません。したがって筋力アップには速筋を鍛える必要があります。しかし、速筋を鍛えるには大きな負荷が必要になります。そこで、加圧トレーニングによって、筋肉に負荷のかかり方を錯覚させるのです。

筋肉は最初に遅筋が使われ、負荷が強くなると速筋が使われます。加圧すると血流が十分でなく、酸素が足りなくなるため、筋肉は大きな負荷がかかっていると勘違いして、速筋を使い始めるのです。加圧することで、人工的に大きな負荷を作り出すことができるのです。これによって小さな負荷の運動でも大幅な筋力アップが可能となります。

短時間で大きな効果も

腕や足を加圧して、適切に血流を制限した状態でトレーニングすると、筋肉に供給される酸素が少なくなるため、通常よりも早い段階で速筋が使われはじめ、短時間で筋力を増加させることができます。また、血流が制限されているので、疲労物質である乳酸もたくさんたまってきます。すると、乳酸を処理するために成長ホルモンが多く分泌されるのです。成長ホルモンには筋肉を増やす働きがありますので、筋力の強化につながります。加圧によって、通常よりも早い段階で筋肉疲労が起こり、それに伴って成長ホルモンが早期に分泌されるので、短時間で大きな効果が得られます。

高い頻度でトレーニングが可能

通常のトレーニングでは、負荷の大きなトレーニングをすると、筋肉痛になったり、関節に痛みが生じたりして、回復に時間がかかるので、高負荷のトレーニングは頻繁には行いません。しかし、加圧トレーニングは、血流を制限して、低い負荷でトレーニングを行います。加圧によって、高負荷の同等の効果を得られますが、実際に行っているのは低い負荷のトレーニングです。筋肉や関節の痛みも少なく、疲労感も少ないので、高頻度でトレーニングを行うことが可能なのです。

フィットネス ウエア 激安通販
ExecutionTime: 58 msec / Memory: 7.6 MB